2016年09月28日

とある日曜の朝、とあるカフェにて

私が利用している駅近くに、朝7時から営業しているカフェがあります。
その店で気に入っているメニューが、トーストとアイスカフェモカのセットです。

「11月に入ってもアイスメニューがあるのは珍しいよな」と思いながら、トーストを食べていたとある日曜の朝の事です。
なんとなく眠そうな顔をした店員さんと、やはり眠たそうな目をした若い女性のお客さんのやりとりに、私は聞き耳を立ててしまいました。

その女性客は、「アイスカフェラテMをホットで」と店員に注文。
多分、「アイスカフェラテMサイズとホットドッグのセット」と注文したのでしょう。

「うわー、こんな事言うお客さんが本当にいるんだ」と思いながら、私は引き続き聞き耳を立てていました。
すると、店員さんは「アイスカフェラテホットで入ります」と復唱して、マグカップに氷をたっぷりと入れ、そこにホットコーヒーを注ぎ、出来上がったアイス入りホットカフェラテをお客さんに提供しました。
「お食事は出来上がったら、お席までお持ちします」と店員さんが付け加えたので、注文は一応通っているようです。

謎のカフェラテを持って、席へと向かったその女性客は、ぬるくなったカフェラテを飲んだのでしょうか?
その女性は常連さんで、いつも頼んでいるものだったのでしょうか?

色々と想像を膨らませた、とあるカフェでの一幕でした。



Posted by yokobo at 22:07